スマートフォン解析

東京都
五反田
ピンサロ


東京都/ピンサロ風俗詳細エリア

東京都/五反田の風俗カテゴリ

その他メニュー

ZOKUZOKU新規会員募集中
微笑みの国といわれるタイ王国には、500年の歴史を誇るムエタイという格闘技が存在する。ムエタイはタイの国技であり、首都バンコックには王室によって運営されているラジャダムナンスタジアム、陸軍により運営されているルンピニースタジアムという二大殿堂が存在し、各スタジアムが階級ごとにチャンピオンを認定しているのだが、国技といわれるだけにムエタイの競技人口は多く、このスタジアムで開催される試合に出場することさえも非常に難関で、ランキング10位以内の選手たちの実力差はあまり無いと言われている。実際に、当時ランキングにも入っていなかったラタナン・ソーパッシンという若い選手が、日本ランキング上位の選手をバタバタと何人もノックアウトしていたのをテレビで見て、ムエタイの選手層が厚いことに驚嘆したものである。また、私の記憶に残っている二大殿堂のムエタイチャンピオンとしては、「天を衝く膝蹴り」と謳われたディーゼルノイ・ソータニクン、日本チャンピオンであった酒寄選手を圧倒したパデットスック・ピサヌラーチャン、Boxingでも世界チャンプとなった“天才”サマート・パヤッカルン、ちなみに、サマートという単語の意味は「何でも出来る」という意味らしい。また、ボクシングへ転向して3戦目で世界チャンピオンとなったセンサク・ムアンスリンの印象は強烈だった。特に、東京で行われたガッツ石松氏との防衛戦に勝利した当日に風俗店を2件ハシゴしたという伝説が凄いのだが、そのお店が五反田のピンサロだったのかどうかは定かではない。それと忘れられないのが、日本チャンピオンの斎藤選手を一発の肘打ちで下した試合の確か数ヶ月後に母国タイで無気力試合を行ったがために、ムエタイ界から追放されたワンプライ・ローチャソンクラームも忘れられない。少し記憶を辿ればここには書ききれない位のムエタイ選手の名前が蘇ってくる。また、ムエタイではこれらに大殿堂の他、スタジアムや地方ごとにチャンピオンを認定しているのだが、この二大殿堂のチャンピオンになることこそがムエタイ選手たちの夢なのである。さて、このムエタイを模倣して考案された格闘技こそが、小生が最も好きだったキックボクシングである。昔は「頭突き」や「投げ」もOKという激しいルールで、日本人選手がタイ人選手を見事な一本背負いで投げたシーンが今でも瞼に焼き付いている。随分と昔の話になってしまうが、私がキックボクシングに熱狂していた当時、日本のキックボクシング界には二つの団体しかなく、両団体ともにデレビでレギュラー放映されていたほどの人気があったのをご存知だろうか?ひとつは「日本キックボクシング協会」(TBS)で、看板選手はアニメ放映もされるほど人気があった沢村忠氏であった。氏の必殺技「真空鳶膝蹴り」はあまりにも有名で、小生も子供の頃よく真似をして弟を泣かせてしまい、お袋の必殺技“往復ビンタ”を喰らって鼻血ブーとなったものである。当時、お袋のビンタはかなり強烈で、ビンタをくらう度に『もう少し手加減をして欲しい・・・』と思ったものである。さて、話が横道にそれそうなので元に戻すとしよう。日本キックボクシング協会に所属する選手で、私の記憶に深く刻まれているのは、なんといっても亀谷長保選手である。強烈はパンチで対戦相手を次々とマットに沈めていた勇士が思い起こされる。また、沢村選手の次のスター候補で、跳び後ろ回し蹴りや二段蹴りなどの大技を得意とした富山勝治選手は、チューチャイ選手と演じた喧嘩試合をカウンターの跳び後ろ回し蹴り一撃でノックアウトしたシーンはインパクトが大きかった。また、今考えると当たり前なのだが、試合を前に控えてリングに入場する富山選手が花道を通った際、私は思わず体にタッチしてしまったのだが、ムッとした怖い顔で睨まれてビビッてしまったのも懐かしい思い出である。その時、富山選手の筋肉が驚くほど柔らかくて驚いた。それと、現在でも伊原ジム会長をされている、伊原信一選手も大好きな選手のひとりで、当時開催されたライト級500万円争奪トーナメントで優勝し、インタビュアーに使途を尋ねられた際、確か「妹の結婚資金にします」と返答され、私の心までジーンと暖かくなったのを記憶している。それに、100%KO男といわれた田畑隆選手や稲毛忠治選手、ロッキー藤丸選手など、こんな駄文を書いていると色々と思い出してきてしまうので、日本キック協会のネタはここまでとしておこう。
さて、一方の「全日本キックボクシング協会」だが、先ずは看板選手であり“ムエタイ500年の歴史を破った男”藤原敏男氏が筆頭に挙げられる。氏はラジャダムナンスタジアムのチャンピオンであったモンサワン・ルークチェンマイをノックアウトで撃破し、外国人(タイ人以外)として初めて戴冠するという快挙を成し遂げ、当時の私の憧れの的であった。
藤原氏と死闘をくりひろげたムエタイ選手たちには、ジャイディー・ピサヌラチャン、リチデット・シンモロコット、チャランポン・ソータエット、プッパートノイ・ウォラヴット、シープレー・ギャティソンポップ、ナロンノイ・ギャットバンデット、クンポンノーイ・ハーパランなど、当時の現役チャンピオンやランカーなど強豪がそろっており、しかもその大半に勝利を収めて当時の私を興奮させたものである。また、K-1のレフェリーでおなじみだった猪狩元秀氏も素晴らしい選手であった。“マッハパンチ”の異名をとった日本拳法仕込みのパンチを切り札に、サタンファー・ソープラティープやビチット・センチャバン、ブリラム・スワンミサカワンといった現役ムエタイ王者やランカーを撃破しており、当時人気を集めていた。また、猪狩氏と同様にK-1のレフェリーを務めていた田畑靖男氏も、全日本ミドル級王者で、猪狩氏との試合は「巌流島の決闘」とも称された。
そのほか、“小さな巨人”“ビッグハート”などと称された大沢昇氏も忘れられない存在である。ということで、昔は大いに盛り上がっていた日本のキックボクシング界であるが、現在のマスコミの取上げ方が小さいので、キックファンとしては寂しい限りなのである・・・
が、しかし、最近では梅野源治選手がタイの王者やランカーを何人もノックアウトで下しているし、石井宏樹選手はラジャダムナンスタジアムの王座を奪取し、更にタイトル防衛に成功するなどキック復興への明るい兆しが見えており嬉しい限りなのである。しつこいけど、こんなに凄いことを成し遂げた日本人選手達が居るのに、マスコミは野球やらサッカーばかり取上げやがって・・・・チクショ〜! TVでキックを放映してくれ〜〜!!ということで、以上は少数派オヤジの心の叫び(喚きかな?)と愚痴でありましたとさ。
とうことで、小生はこれから五反田へ行ってピンサロで抜いてこようっと〜♪

4件Hit

フリーワードで絞る

五反田風俗ピンサロ ハイパーレボリューション

(五反田駅東口 ピンクサロン)

五反田のピンサロと言えば、ハイパーレボリューション。 JR五反田駅から徒歩1分。 伝説の花びら回転のピンサロはココ!! 20代素人中心の女の子達が最安5 ...

五反田【ピンサロ】

ハイパーエボリューション

(五反田駅東口 ピンクサロン)

五反田NO1ピンクサロン HYPER EVOLUTIONでは、癒し系からお嬢様系、ギャル系と幅広いラインナップで皆さまのご来店をお待ちしております。カワイイ女の子達 ...

五反田【ピンサロ】

ガールズパーク

(五反田ピンクサロン)

五反田風俗ピンサロのガールズパークです。東京都品川区にあるJR五反田駅から徒歩3分。5,000円〜の格安料金で制服姿の可愛い女の子たちと遊べるピンサロをお ...

五反田【ピンサロ】

ハーレムビート(五反田ピンクサロン)

五反田【ピンサロ】

サービス・ジャンルから探す
ようこそ ゲスト 様

マイページ